近年、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)する夫婦が増加しており、婚姻関係にあるカップルのうち、およそ1/3のカップルが離婚している状況です。その背景には、近年増えている、いわゆる「できちゃった婚」で夫婦になったカップルの離婚する率が高いということなども、原因としてあげられるでしょう。離婚と一口にいっても、離婚には種類があり、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類があります。協議離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)とは、夫婦で話し合い、お互いが離婚に合意していること、未成年者の子供がいる場合は親権を決めることなどを確認し、離婚届が受理されれば離婚が成立します。日本の離婚の約90%がこの協議離婚で離婚しています。調停離婚とは、夫婦いずれか一方が離婚に応じず、話し合いができない場合、家庭裁判所に調停を申し立てます。そして、家庭裁判所の調停委員が夫婦の間に入り、話し合いを進めます。そこで夫婦の合意ができれば調停調書が作成され、この調停調書と離婚届を役ところに提出すれば離婚が成立するというもの。離婚する人の約9%がこの調停離婚であるようです。審判離婚とは、調停で合意できなかった場合、審判の手続きに入り、調停で話し合ったものをもとに検討し、離婚すべきかどうかを審判します。しかし、審判されてから2週間以内に異議申立てがあれば離婚は受理されません。この審判で離婚(一度成立した婚姻を解消することです)する人はごくまれなケースです。裁判離婚とは、家庭裁判所での調停が成立しなかった場合、夫婦のどちらかが地方裁判所に離婚訴訟を起こすことが出来ます。ただ、裁判離婚の場合、法定で定める離婚理由が必要となります。この裁判離婚になってしまうケースは、わずか1%ようですよー